WORRIES

お悩み相談

  • シャンプー(洗髪)とAGA薄毛 | AGA薄毛予防治療クリニック

    2021.05.17

     

    【医師監修】AGA薄毛とシャンプーについて

    AGA(男性型脱毛症)の治療・予防をされている方は必見、ここでは頭皮の状態を適切に保つ・改善するための正しいシャンプーの仕方やシャンプー選び、頻度などについて詳しく解説していきます。AGA・薄毛予防・治療をする上でしっかりとした毛髪を作るために・不用意に抜け毛を増やさないためにも正しくシャンプーについて理解を深めていただければと思います。

    ■著者■ AGA薄毛予防治療クリニック医師

    柏﨑 喜宣 (かしわざき よしのり)

    名古屋大学医学部卒。創業以来日本全国のAGA・薄毛で悩む男女に対して適切な診察とAGA治療薬の効果最大化をしている。

    これまでの薄毛解消の実績含めてプロペシア・ザガーロ・フィナステリド・デュタステリドなどのAGA治療薬の適切な処方に定評がある。

    なぜAGA・薄毛の方ほどシャンプーが大切なのか?

    「頭皮を清潔な状態に保ち髪の毛が育ちやすく、抜けにくい環境づくりが大切」AGA・薄毛の方ほど日々の頭皮ケアが重要となってきます。頭皮が清潔で適度なうるおいがあるほど丈夫で健康な毛髪が育ちやすくなります。一方で毛穴が皮脂などで塞がれている状況では頭皮にもダメージを与えるだけでなく栄養も行き届きにくくなり抜け毛を悪化させる原因となります。

    シャンプーの選び方

    重要なのは①頭皮に優しいもの、②頭皮環境を整えるものでご自身にあったものを選ぶことが重要です。ドラッグストアやクリニックなどには多くのシャンプーがありますが頭皮は個人差があります。乾燥している方・皮脂が多くなりがちな方など様々な方がおられる中で、「アミノ酸系」のシャンプーを推奨しています。

    アミノ酸系シャンプーとは?

    アミノ酸系のシャンプーの特徴としては肌に優しく、皮脂を取り過ぎることなく適度に残して洗える傾向にあります。ふけやかゆみを防ぎ・頭皮と毛髪をきちんとした状態に保つ効果が見込めます。保湿効果もあり含まれているアミノ酸により毛髪の修復効果も期待できることから頭皮が荒れやすい・乾燥しやすい・抜け毛や薄毛でお悩みの方におすすめです。

    正しいシャンプーの仕方

    ここからは実際の正しいシャンプーの仕方についてお話します。

    ⓪前提

    シャンプーの目的は毛髪の洗浄ではなく、「頭皮の洗浄」です。頭皮に溜まった皮脂及び汚れや老廃物などをきれいにし毛髪が成長しやすい環境づくりが重要です。血流もよくし、栄養を行き届かせるためにも頭皮を洗うことを目的と品がら普段動かさない頭部の筋肉をシャンプーによってほぐすことを意識しましょう。また髪を水に濡らす前にクッションのついたブラシ(≠コーム)で「優しくブラッシング」を行いましょう。これは頭皮の汚れを浮かせるのと同時に毛髪のほつれをとることができます。頻度としては一日一回以上は厳禁です。理由としては必要な脂を取り過ぎで乾燥しすぎたり等シャンプーをすることで逆に頭皮にダメージを与えることに繋がるからです。

    ①ぬるま湯でプレシャンプー、これで8割は洗浄が終わります。

    それでは具体的に効果的なシャンプーの仕方について解説します。シャンプーをつける前に38度前後(熱すぎると頭皮にダメージを与えるのでご自身にあった温度)で頭皮の皮脂・老廃物(ふけ)等を落とします。優しく指の腹でゆっくりと頭皮をマッサージするイメージです。

    ②シャンプーを泡立て、頭につけてなじませる

    シャンプーの容器がポンプ式であればほとんどの場合ワンプッシュで十分です。不必要に多くシャンプーを使うとすすぎ残しの原因となります。シャンプーを手に取りお湯の付いた手で泡立てます、泡立てるといってもふわふわの泡を作る必要も少なく頭皮で泡立てる準備をするイメージで構いません。そしてその両手で頭皮全体に優しくなじませてください。

    ③頭皮の上では爪を立たせず、指の腹でゆっくりと円を描くように

    縦や横に強く洗う方が多いですが、強くすると抜け毛に繋がったり、毛髪表面のキューティクルがはがれるので髪の毛にダメージを及ぼします。全体になじませたシャンプーを指の腹で円を描くように優しく洗浄しましょう。

    ④大切なのは「すすぎ」の工程

    シャンプーの洗い流しが頭皮に残ってしまうと老廃物になります。滑りなどがある箇所をなくすようにしっかりとすすぐことが大切です。特に頭頂部については洗い残しの泡が見えない分シャンプーが残りやすい傾向にありますので注意してください。

    シャンプー(洗髪)は朝か夜か?

    当院では夜を強くおすすめします。理由としては副交感神経が最も活発になるとされる夜10時~深夜2時の時間帯、きちんとした睡眠、ノンレム睡眠を取ることで成長ホルモンにあわせて毛髪の成長しやすい環境をつくることの重要性をお伝えしています。より髪の毛が成長しやすい環境を整えるために頭皮が詰まった状態より効果的なシャンプーで汚れや老廃物を落とした方がより丈夫で健康な毛髪の成長を見込むことができるのです。

    その他ポイント

    シャンプーをする際に効果的な頭皮マッサージをおすすめします。
    ①指先で頭皮を押し、掴むようにして動かす
    ②指先で頭皮を3秒程度押して離す
    これを全体的にに行います。時間をかけてゆっくりと血流・血行がよくなるように、薄毛の方のより効果的な頭皮マッサージについては医師にご相談ください。

    AGA(男性型脱毛症)の進行をとめ、髪の毛を生やすために

    以上がAGAと効果的なシャンプーの仕方についての解説でした。AGAは進行性、放っておくとどんどん薄毛が進んでいきますが治療・予防で止めることができ発毛が見込めるものです。AGA薄毛予防・治療クリニックではみなさんの症状に応じて適切な処方を行っております。より身近に・続けやすいAGA治療を行っていただくためにオンライン診療を充実。まずはお気軽にお問合せください。

    著者紹介

    ■この記事の著者■ AGA薄毛予防治療クリニック 医師

    柏﨑 喜宣 (かしわざき よしのり)

    名古屋大学医学部卒。創業以来日本全国のAGA・薄毛で悩む男女に対して適切な診察とAGA治療薬の効果最大化をしている。

    これまでの薄毛解消の実績含めてプロペシア・ザガーロ・フィナステリド・デュタステリドなどのAGA治療薬の適切な処方に定評がある。

    AGA,薄毛,治療,柏崎,医師

    関連する記事

  • SEARCH

Copyright © AGA薄毛予防治療クリニック All Rights Reserved.