WORRIES

お悩み相談

  • 男性機能の低下 | AGA薄毛予防治療クリニック

    2021.05.17

     

    【医師監修】AGA治療薬で男性機能は低下するって本当?

    プロペシアやザガーロ、フィナステリドやデュタステリドの成分が男性機能を低下させるのではないかとご心配の方がおられると聞きます。ここでは実際に通院されている方の予後や市販後調査の結果からお話したいと思います。

    ■著者■ AGA薄毛予防治療クリニック医師

    柏﨑 喜宣 (かしわざき よしのり)

    名古屋大学医学部卒。創業以来日本全国のAGA・薄毛で悩む男女に対して適切な診察とAGA治療薬の効果最大化をしている。

    これまでの薄毛解消の実績含めてプロペシア・ザガーロ・フィナステリド・デュタステリドなどのAGA治療薬の適切な処方に定評がある。

    服用薬ごとにみる男性機能低下の可能性

    男性型脱毛症(AGA)の治療薬は数種類あり、薬ごとに詳しく解説していきます。

    プロペシア・フィナステリド(ジェネリック)

    プロペシア(有効成分:フィナステリド)やザガーロ(有効成分:デュタステリド)はAGAの原因であるDHTが生成されるのに不可欠な5α還元酵素と呼ばれるものをブロックすることでジヒドロテストステロン(DHT)が作られるのを抑制します。毛髪の成長期が長くなり、細くなった髪の毛にコシ・ハリが生まれ、休止期にある毛穴から髪の毛が成長するため、AGA改善の効果が期待できます。市販後調査によるとフィナステリドの服用により勃起しにくくなったり精液量が減ったり等男性機能の低下した実例はわずか1%未満とのことです。

    ザガーロ・デュタステリド(ジェネリック)

    プロペシアやフィナステリドと同様AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するための5α還元酵素阻害薬です。基本的に男性型脱毛症の症例の多くが前頭部に多く、前頭部の薄毛対策として5a還元酵素Ⅱ型をブロックすれば治療をすることができますが、5a還元酵素Ⅰ型も合わせてブロックするザガーロ・フィナステリドを服用することにより更なる発毛効果が見込めます。
    こちらもプロペシア・フィナステリドと同じく男性機能の低下が副作用として現れるケースがあるとのことですが現状当院の患者様では見受けられません。

    もし治療薬で男性機能が低下したときには・・・

    万が一男性機能の低下による勃起不全などおきた際でもED治療薬(バイアグラやレビトラ・シアリスなど)の服用ができます。基本的に飲み合わせが可能なことによりED治療薬を服用している方でももちろんAGA治療薬の服用ができます。パートナーとのセックスは夫婦や恋愛のコミュニケーションを高めるために重要なものと考えています。稀にみる勃起不全などの副作用については可能性こそ低いものの飲み合わせも可能です、詳しくは医師にご相談ください。

    AGA(男性型脱毛症)の進行をとめ、髪の毛を生やすために

    以上がAGA治療薬と男性機能低下に関する解説でした。AGAは進行性、放っておくとどんどん薄毛が進んでいきますが治療・予防で止めることができ発毛が見込めるものです。AGA薄毛予防・治療クリニックではみなさんの症状に応じて適切な処方を行っております。より身近に・続けやすいAGA治療を行っていただくためにオンライン診療を充実。まずはお気軽にお問合せください。

    著者紹介

    ■この記事の著者■ AGA薄毛予防治療クリニック 医師

    柏﨑 喜宣 (かしわざき よしのり)

    名古屋大学医学部卒。創業以来日本全国のAGA・薄毛で悩む男女に対して適切な診察とAGA治療薬の効果最大化をしている。

    これまでの薄毛解消の実績含めてプロペシア・ザガーロ・フィナステリド・デュタステリドなどのAGA治療薬の適切な処方に定評がある。

    AGA,薄毛,治療,柏崎,医師

    関連する記事

  • SEARCH

Copyright © AGA薄毛予防治療クリニック All Rights Reserved.