ABOUT AGA

AGAについて

  • 【医師監修】AGA・薄毛と食事 | AGA薄毛予防治療クリニック

    2021.06.26

     

    【医師監修】AGA(男性型脱毛症)治療・予防を食事の改善でより効果的に

    「いつのまにか髪の毛がなくなった」
    日本の成人男性4,200万人のうち、1,260万人はなっているとされる男性型脱毛「AGA(エージ―エー)」。このAGAは進行性のため放っておいても治らずあなたがもしAGAであれば髪の毛は減り続け・段々薄毛が気になりやがて無くなっていきます。当院で受診している患者様の中には来院時お若くしてハゲてしまったことで消極的になってしまっている方も多くおられます。AGA・薄毛の進行は止められます、AGA治療・予防を行っている方はより発毛・育毛を効果的に行っていくために、薄毛・抜け毛が気になっていてこれからAGA予防を考えている方にとって薄毛対策に有効な食事について解説します。薄毛の原因を知り・病院やクリニックの医師による適切な診察・処方とあわせて効果的な予防・治療に取り組んでいただければと思います。

    ■著者■ AGA薄毛予防治療クリニック医師

    柏﨑 喜宣 (かしわざき よしのり)

    名古屋大学医学部卒。創業以来日本全国のAGA・薄毛で悩む男女に対して適切な診察とAGA治療薬の効果最大化をしている。

    これまでの薄毛解消の実績含めてプロペシア・ザガーロ・フィナステリド・デュタステリドなどのAGA治療薬の適切な処方に定評がある。

    食習慣が薄毛の原因になる可能性

    薄毛の原因になるものとして偏った食事が挙げられます。
    基本的に食事は毎日必ずするもの、知らぬ間にハリ・コシのある太い毛髪を作る上で必要な栄養が不足していたり・ダメージを与えるものを摂取していたりする方が多くいます。
    毎日外食かコンビニ弁当、ファーストフードが大好きといった方々は特に要注意です。バランスの良い食事を摂るということはなかなか難しい方が多いと思いますが毎日の食生活が薄毛・抜け毛の原因になっている可能性があります。
    以下に当てはまる方はいつの間にか薄毛・抜け毛が多くなる可能性があるので注意してください。

    食事制限(ダイエット)による薄毛

    食事は毛髪を作る上で栄養は大切です。極度の食事制限は薄毛に繋がります、健康的な毛髪を作る上で積極的に摂取していただきたいものについては以下をご参照ください。

    脂質が多い食事をする方

    脂質が多い食事は控えるべきです。特に外食が多い方・暴飲暴食する方に多く見受けられます。

    寝る前に食べる習慣がある方

    寝る前に食事を摂ると就寝中に胃が活発に働き血液が集中するため、頭皮・毛髪に不可欠な栄養が行き届きにくくなります。薄毛の解消のために寝る前は適度な時間を空けて食事をしていただければと思います。

    AGA・薄毛の方や抜け毛が多い方が心がけるべき栄養とは?

    毛髪を作る上で欠かせない栄養、これをバランスの取れた食事で摂ることが大切です。薄毛・ハゲでお悩みの方は以下の栄養を積極的に摂取するよう心がけましょう。

    たんぱく質

    たんぱく質は体を作る上で大切な栄養素です。毛髪の90%以上はこのたんぱく質(※ケラチン)です。このたんぱく質が不足しがちになると必然的にたんぱく質は体の維持に回されるため頭皮にまで届きにくくなります。魚・肉、卵、大豆、ジャガイモなどに含まれるたんぱく質をきちんと摂取することが重要です。
    ※ケラチンは18種類のアミノ酸が結合したもの

    ビタミン類

    体の調子を整える「ビタミン」。緑黄色野菜や果物、レバーなどに多く含まれています。ビタミンA、ビタミンB1・B2など薄毛予防に効果的なものは様々ですが、当院では毛髪を成長させる・細胞の代謝を促進・血液の流れをよくするという点でも特に皮脂の分泌を抑制してくれる働きがあるビタミンB6及び血管を拡張する役割のあるビタミンEの摂取を推奨しています。食事ではレバニラ炒めなどが挙げられます。ビタミンは体の中で生成することができないので積極的に摂取を心がけてください。

    ミネラル(亜鉛)

    ミネラルも毛髪にとって大切な要素、特に亜鉛はケラチンを作る上で必要不可欠なものです。この亜鉛が不足すると抜け毛が増えてしまう原因となります。効果的に「亜鉛」をサプリメントなどで摂取することで効率よく解消することができますが、服用量によっては急性中毒になる恐れもあり医師に相談の上服用を検討してください。

    コラーゲン

    毛包幹細胞に存在する17型コラーゲンの重要性が報告されています。コラーゲンは毛包幹細胞を保護する役割を果たしており、コラーゲンが不足すると毛穴が細くなり毛髪の成長に影響をすることがわかっています。

    AGA(男性型脱毛症)の進行をとめ、髪の毛を生やすために

    その他遺伝やストレスなどがAGA(薄毛)の原因になります。AGA薄毛予防・治療クリニックではみなさんの症状に応じて適切な処方を行っております。病院・クリニックの医師による適切な薄毛予防・治療をより身近に・続けやすいAGA治療を行っていただくためにオンライン診療を充実。まずはお気軽にお問合せください。

    著者紹介

    ■この記事の著者■ AGA薄毛予防治療クリニック 医師

    柏﨑 喜宣 (かしわざき よしのり)

    名古屋大学医学部卒。創業以来日本全国のAGA・薄毛で悩む男女に対して適切な診察とAGA治療薬の効果最大化をしている。

    これまでの薄毛解消の実績含めてプロペシア・ザガーロ・フィナステリド・デュタステリドなどのAGA治療薬の適切な処方に定評がある。

    AGA,薄毛,治療,柏崎,医師

    関連する記事

  • SEARCH

Copyright © AGA薄毛予防治療クリニック All Rights Reserved.